Author Topic: MkkajsAfucsktex  (Read 182 times)

Liaicheshaphy

  • Guest
MkkajsAfucsktex
« on: October 19, 2013, 07:13:39 am »
「危ないわ!」 ロエベ バッグ 新作 「嘘を言っちゃいけないよ。我々にそんな金があるはずはないじゃないかね」
 と、ポチが言った。「丸焼きにして食おうか」 ロエベ バッグ アウトレット  そういいながら、彼の取った動作は奇妙なものであった。彼は当然のことのように、さっさと自分の雑嚢にしまうと、しっかり紐を結んでしまった。
「諦《あきら》めるんだな」 ロエベ 財布 レディース  兵隊は一般に「わかる」と個人的判断を誇示することを、禁じられていたが、この時は見逃してくれた。
 二人の家に招待されていちばん驚いたのはガボールの持っていたステレオがわがAKAIのものだったこと! ほんとうに日本の製品はどこに行ってもあるようだ。クリスチーナのお父さんはガラス工場の幹部で日本の旭硝子と取引きがあり、日本のことをよく知っていた。ハンガリー語に翻訳された芥川竜之介の『河童』を読んだという。ふだん頭のなかに入ってもいなかった異国で、自分の国のことを知っている人間に会うのはうれしいものである。 セイコー 腕時計  どうも嘆き方がずれている。
 いやなことを言う奴だ。 seiko 腕時計  と下士官は怒鳴った。そして一団は遠ざかって行った。
 もっとも、この覚書きもこの辺りでそろそろ止そうかと思っている。最初はこの思い付きさえ忘れてしまいそうだったのではじめたのだが、なんだか近頃気持ちが落ち込みかけている。あちらの友人たちの方が自分に親身になってくれているようで羨ましい。T氏も深入りは危ないと繰り返した。あちらの世界の存在を信じてのことではなく、単純に私の思い詰めた様子を見ての忠告だろうが、その通りかも知れない。どうせ私が行くことのできる世界ではない。覗き見するだけの世界に憧れたところで無意味だ。結局、夢は夢と割り切って生きるのが無難なのである。 セイコー 腕時計  郊外を走る電車で、のどかな美しい景色の中をのんびりと走っている。私の側には家内も居る。最初に断わっておけば、夢の中の家内であって、今こうして思い出すと現実の家内とは別人だ。見ず知らずの女性である。それでも夢の中ではまったく違和感がなく夫婦の会話をしている。電車は大きな工業都市を通過して山道に差し掛かった。赤い岩や灰色の禿山が周辺に目立ちはじめた。岩には奇妙な彫刻が施されている。悪魔のような姿を刻んだものや、ライオンに似た動物などが見られる。なかなか奇妙で飽きない。箱根の彫刻の森の巨大版という感じだ。観光地らしく電車の中から嬉しそうに眺めている家族もあった。やがて電車は地下のホームに到着した。ピラミッドの内部のごとく壮大で華やかな駅だ。私と家内は構内の喫茶室(と言っても美術館のメインホールのような広さで装飾品に囲まれている)に入って喉の渇きを潤した。ジュースやコーヒーでもない。酒でもなかった。それでもその夢の中では慣れた飲み物である。家内が知人を見掛けて挨拶した。その男も加えて、たった今見たばかりの彫刻の出来栄えについてしばらく話が弾んだ。私は一人で駅を見学に回った。ギリシアの宮殿に似ている。人々が行き交っている。中庭に出たつもりだったのに、そこはいつもの乗換駅のホームだった。本が買いたくなって私は滑り込んで来た電車に乗った。町の中心部に戻る。その駅の側には大きなデパートがあって、五階にはほとんどが揃えられている書籍売り場があるのだ。駅から路上に出てデパートを目指す。一階はいつも混雑している。エスカレーターで真っ直ぐ五階を目指す。本の匂いが私を落ち着かせた。書籍は分野ごとに小部屋で仕切られている。私はいくつかの部屋を横切り、画集の置かれてあるところに入った。店員が中央のソファに腰掛けて客と話し込んでいる。丸い部屋の壁全部が書架となっていて大型の画集が並んでいる。何冊かを開いて美しい図版を堪能した。大型本で気安く買える値段ではない。雑誌売り場に戻る。建築雑誌を買い求めて何階か上のレストランに行くことにした。そこの若い主人とはなぜか気が合う。暇なときは私のテーブルに来て音楽の話をしたりする。店は珍しく混んでいた。仕方がないのでデパートをぶらぶらする。あまりの広さにくたびれた。狭い角を右に曲がったら大浴場に通じていた。右手のガラス越しに風呂が見える。年寄りや子供たちが、運動場くらいもありそうな浴槽に浸かってのんびりとしている。私は廊下の突き当たりの扉を開けて天然風呂に出た。何百人もの男女が白い岩山のあちらこちらに湧出している温泉に入って休日を楽しんでいる。私は家内を捜した。ここで待ち合わせている。家内の方で私を見付けてくれた。白い湯に家内は肩まで浸かりながらアイスクリームを食べていた。
 「何なの?」 ティンバーランド ブーツ メンズ  「おい!」
 私はじっとあいつの顔を睨み続けた。 ティンバーランド レディース 「塩であります」
 「すると……井上君は死んだのですか?」 ティンバーランド アウトレット  と、マリは、部屋の中を見回した。「ポチ、行こう」

Share on Facebook Share on Twitter